インプラント治療で取り戻す健康な歯|症状ごとに行なう虫歯治療

進行具合に合わせた治療

白い歯

茨木の歯医者では、虫歯などの歯のトラブルに対処してくれます。虫歯の徴候といえば、冷たいものや甘いものを食べた時に歯がしみるような感覚に陥ることです。しかし、歯医者からの見解ではこうした症状は虫歯でも中期に属する、ある程度進行した虫歯なのです。初期の虫歯はほとんど自覚症状がないので、自分では気づけない人も多いのです。初期の虫歯を発見するには、定期的に歯医者で検診を受ける必要があるでしょう。初期の状態で見つかれば、治療も早く終わるほか、治療費も安い価格で済むでしょう。長い目でみれば治療費の節約になるので、定期検診は受けておいて損はないでしょう。茨木の歯医者は定期検診を行なうほか、初期状態の虫歯に対して治療を行なってくれます。ごく初期の虫歯であれば、歯の再石灰化を促すフッ素塗布で治療を行ないます。エナメル質に侵食している虫歯ならば、侵食している箇所を削り、歯科用の樹脂であるレジンを詰めて治療をしてくれます。

虫歯が進行し、歯が痛むような状態となれば、初期や中期のような虫歯治療は行なえません。虫歯が歯の神経にまで侵食している状態であるため、茨木の歯科では根管治療によって、歯の神経を取り除きます。神経を除去した後は、神経があった空洞に消毒用の薬剤を詰め、銀歯やインレーなどの被せ物を行なうことで治療を行ないます。痛みがある状態でも放置し続けると、歯根部に膿が発生し激しい痛みが生じるほか、顎の骨まで侵食される可能性があるので注意が必要となります。茨木の歯科では、歯根まで到達した歯は速やかに抜歯します。大切な歯を失う前に、虫歯の自覚症状が見られればすぐに歯科で治療を受けましょう。